メニュー

予防接種

インフルエンザワクチン

インフルエンザワクチンは予防効果が出るまでに

約2週間かかるとされています。 

 

通常、毎年12月頃に流行期が始まるため、その前に予防接種を受けることをおすすめします。

 

※インフルエンザワクチン接種は、健康保険適応外なので、原則として全額自己負担となります。但し、65歳以上の方、特定の疾患を有する60歳以上の方は、費用の一部または全額を地方自治体が助成しています。

それ以外の方についても、助成を行っている自治体があります。

 

詳しくは、お住いの市町村(保健所・地域保健センター)にお問い合わせください。

 

高齢者インフルエンザ予防接種

2020年12月31日まで、横浜市内に住民登録があり、接種日現在で次の1・2いずれかに該当する方は、自己負担なくインフルエンザワクチン接種を受けることができます。


1.65歳以上の方
2.60歳以上65歳未満の方で、心臓、じん臓、呼吸器の機能、又はヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に1級相当の障害のある方

 

肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌ワクチンは肺炎の主な原因菌の一つである、

肺炎球菌による感染症を予防するワクチンです。

 

肺炎球菌は主に気道の分泌物に含まれ、唾液などを通じて飛沫感染します。これらの菌が何らかのきっかけで進展すると、気管支炎、肺炎、敗血症などの重い合併症を起こすことがあります。

 

高齢者を対象とした肺炎球菌ワクチンは、予防接種法に基づく定期接種となります。

 

原則として、65歳以上で5年ごとの節目年齢(65、70、75、80歳など)について費用の一部または全額が助成されます。

 

詳しくは、お住いの市町村(保健所・保健センター)にお問い合わせください。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME